メンバー


佐藤俊太郎
指揮

ロンドン大学と王立音楽院 で学ぶ。在学中にオーケストラを結成し、2年間にベートーヴェンの交響曲全曲を含む約20回の演奏会を独力で企画・運営・指揮する。指揮をロレンス・レナード、ゲラント・ジョーンズ、ディエゴ・マッソン、ヤーノシュ・フュルストの各氏に師事。1996年イギリス室内管弦楽団定期公演で正式デビュー。この成功により同団のアソシエート・コンダクターに就任。ロンドンをはじめ、ドイツ、オーストリア、フランス、イタリアなどヨーロッパ各地へのツアーで指揮。1998年には初録音。2000年からフィンランドのクオピオ交響楽団首席客演指揮者、 2002年からの1年間は首席指揮者を務める。在任中2枚の録音を製作。2006年にはプラハ・フィルハーモニアを指揮してEMIへ録音。2016年から2019年まで札幌交響楽団指揮者。

これまでに、ロンドン・フィル、フィルハーモニア管、ヘルシンキ・フィル、フィンランド放送響、オランダ放送響、ボストン室内管、日本フィル、新日本フィル、読響などに客演。共演したソリストは、ズッカーマン、デュメイ、パウク、ケネ ディ、サラ・チャン、ファウスト、バティアシュヴィリ、コセ、マイスキー、白井光子、プレガルディエン、バーバラ・ヘンドリックス、トーマス・アレン、コジェナー、ユジャ・ワンなど。
母校である王立音楽院とエリザベス女王からこれまでの活躍に対して表彰を受ける。王立音楽院会員。


神谷美千子
ヴァイオリン

桐朋学園にて原田幸一郎氏に師事。ソリスト・ディプロマコースを首席で修了。ジュリアード音楽院にてドロシー・ディレイ、川崎雅夫各氏に、ロンドンにてジョルジュ・パウク氏に師事。1992年パガニーニ国際コンクール第2位、1994年インディアナポリス国際コンクール入賞、1997年ハノーファー国際ヴァイオリンコンクール優勝。1998年NaxosよりリサイタルCDをリリース、海外の各誌で絶賛される。11歳で名古屋フィルと共演以来、N響をはじめ国内ほぼ全てのオーケストラと共演。海外ではロンドンフィル、北ドイツ放送響、ストックホルム室内管、ニュージーランド響などにソリストとして迎えられている。2000年には、トヨタ・ミレニウム・コンサートにて、ウィーン・フィルメンバーと日本ツアーを行う。同年「セブン・スターズ」にて、チョン・ミョンフン、樫本大進などと室内楽で共演。

これまでに、シャルル・デュトワ、チョン・ミョンフン、ルドルフ・バルシャイなどの指揮者、また室内楽では、ダヴィッド・ゲリンガス、レジス・パスキエ、原田幸一郎、竹澤恭子などと共演。アスペン、ヴェルビエ、クフモ、ラヴィニアなど、世界各地の音楽祭にも多数参加している。パリ・エコール・ノルマル音楽院講師を経て、2014年より毎夏、いしかわミュージックアカデミー講師を務める。日本音楽コンクール審査員。桐朋学園大学音楽学部准教授。


佐々木亮
ヴィオラ

東京芸術大学卒業。1991年、現音室内楽コンクール第1位、「朝日現音賞」受賞。1992年、東京国際室内楽コンクール(民音)第2位、「ルフトハンザ賞」受賞。1992年ジュリアード音楽院入学し、アスペン音楽祭、マルボロ音楽祭に参加。在米中リンカーンセンターでリサイタルの他、ソロ、室内楽奏者として全米各地にて活動する。内田光子、ヒラリー・ハーン、ソネンバーグ、リン・ハレル等と共演。また弦楽アンサンブルSejong Soloists, ヴィヴァルディ・ヴィルトゥオージのメンバーとしてカーネギー・ホールなど各地の主要ホールで演奏。EMI/Angelよりチャイコフスキーとブラームスの弦楽六重奏曲をCDリリース。

これまでに澤和樹、田中千香士、ドロシー・ディレイ、川崎雅夫の各氏に、室内楽をジェイコブ・ラタイナー、フェリックス・ガリミアの各氏に師事。2004年NHK交響楽団入団。2008年より首席奏者。2008年から2014年まで岡山潔弦楽四重奏団メンバー。東京クライス アンサンブルなど室内楽奏者としても幅広く活動している。


ヴァイオリン

有賀 叶
日本クラシック音楽コンクール全国大会第4位、大阪国際コンクール第3位、グリュミオー国際コンクールディプロマ。横浜交響楽団と共演。現在、桐朋学園大学音楽学部にて原田幸一郎、神谷美千子の各氏に師事。

岡祐佳里
第72回全日本学生音楽コンクール全国大会3位。成績優秀者による桐朋学園卒業演奏会、桐朋学園室内楽演奏会に出演。現在、原田幸一郎、神谷美千子の両氏に師事。桐朋学園大学音楽学部特待生

近藤さくら
第18回日本演奏家コンクール高校の部1位、第2回K弦楽器コンクール1位、第7回Kアンリミテッド音楽コンクール1位。第70回全日本学生音楽コンクール高校の部1位。清水高師、原田幸一郎、神谷美千子氏に師事。桐朋学園大学ソリストディプロマコース特待生。

柘植絢円
いしかわミュージックアカデミーにおいて、IMA 奨励賞を受賞。現在、原田幸一郎氏、神谷美千子氏に師事。室内楽を、磯村和英氏、山崎伸子氏に師事。桐朋学園大学音楽学部在学中。

三澤響果
第66回全日本学生音楽コンクール 全国大会第3位、第16回チェコ音楽コンクール第1位。クァルテット・インテグラメンバー。桐朋学園大学ソリストディプロマコースを経て現在、原田幸一郎氏に師事。

吉江美桜
第12回東京音楽コンクール 弦楽部門 第3位。第84回日本音楽コンクール 第3位。桐朋学園大学音楽学部を首席で卒業後、同大学ソリストディプロマコースに特待生として在学中。

渡邊奈瑠
第71回全日本学生音楽コンクール北九州大会第1位。第29回日本クラシック音楽コンクール第5位(1~3位なし)。第3回Kグランプリコンクール特別優秀賞。現在、原田幸一郎、神谷美千子の各氏に師事。桐朋学園大学音楽学部在学中。


ヴィオラ

島 英恵
第60回鎌倉学生音楽コンクール第1位。小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトに参加。ヴィオラスペース、調布国際音楽祭に出演。現在桐朋学園大学にてヴァイオリンを神谷美千子氏、副専攻ヴィオラを鈴木康浩氏に師事。

古市沙羅
国内コンクール多数入賞、いしかわミュージックアカデミー、霧島国際音楽祭に参加、サントリー室内楽アカデミー第6期フェロー。現在桐朋学園大学にてバイオリンを神谷美千子氏に、ヴィオラを磯村和英氏に師事。

山本 周
桐朋学園大学卒、同研究科修了。室内楽、オーケストラ奏者として武生国際音楽祭、東京・春・音楽祭や宮崎国際音楽祭等の音楽祭に参加。ヴァイオリンを森川ちひろ、徳永二男の各氏に、ヴィオラを佐々木亮氏に師事。


チェロ

築地杏里
第71回全日本学生音楽コンクール全国大会第1位。併せて日本放送協会賞、かんぽ生命奨励賞を受賞。秋吉台音楽コンクール弦楽四重奏部門第1位。併せてベートーヴェン賞、山口県知事賞(最優秀賞)を受賞。

村井 智
桐朋女子高等学校音楽科(共学)、桐朋学園大学音楽学部、N響アカデミーにて学ぶ。ヴァイオリンを牧野貴博、チェロを上原与四郎、毛利伯郎の各氏に師事。元NHK交響楽団チェロ奏者。


コントラバス

内岡沙月
桐朋学園大学卒業、桐朋オーケストラ・アカデミー修了。アカデミー在籍中、成績優秀者による学内リサイタル開催。第26回日本クラシック音楽コンクール(大学の部)第2位。小澤征爾音楽塾、PMF2019へ参加。